Your search results

不動産屋で独立するときに参考にしたいフランチャイズと不動産エージェント26選

弦本 卓也 2018年6月1日
0

不動産屋を開業する際に、情報のノウハウや人のつながりがないことで、不安がたくさんあることでしょう。また、不動産屋の開業後にすぐに接客が開始できても、適切な接客や適切な契約ができないと、素早く売上をあげることができず、機会損失が大きくなってしまうおそれもあります。

今回は、不動産屋を開業する際のメリットとデメリット、そして実際に不動産業界でフランチャイズや不動産エージェント制を導入している会社を紹介します。

不動産屋をフランチャイズで開業するメリット

  • 集客をしやすい
  • ノウハウを得られる
  • ITシステムなどを利用できる

不動産屋をフランチャイズで開業するデメリット

  • 加盟料(ロイヤリティ)として、加盟時と月額とで費用がかかる
  • 出店エリアや運営で自由度が制限される

フランチャイズを探すコツ

  • フランチャイズの加盟店数
  • 加盟料
  • 過去にフランチャイズになっている会社の実績

フランチャイズ制を採用している会社

  1. センチュリー21ジャパン
  2. ピタットハウスネットワーク
  3. ハウスドゥ
  4. LIXILイーアールエージャパン
  5. エイブル
  6. 物件王
  7. リノベ不動産
  8. 店舗そのままオークション
  9. アパマンショップ
  10. イエステーション
  11. エリッツ
  12. リノッタ
  13. クラスモ
  14. ヘヤギメ!
  15. ホームメイト
  16. ハウスメイト
  17. ミニミニ
  18. ヤマダ不動産
  19. ワントップハウス
  20. 日本社宅ネット
  21. 賃貸住宅サービス

不動産エージェント制を採用している会社

不動産エージェントは、組織ではなくひとりで加盟する方法です。個人事業主または法人として業務委託契約を結びます。

  1. ケラー・ウィリアムズジャパン
  2. RE/MAX JAPAN
  3. リストサザビーズインターナショナルリアルティ
  4. Agently
  5. テンポアップ

フランチャイズを選択する場合でも、あらかじめ法人や個人事業主として、開業する必要があります。

開業の支援をおこなっています。フランチャイズに頼らずに自分で開業する方法もご紹介しますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

物件を比較